GENTEM STICK 2017-18 NewModel /1st Order 締切3/20まで!!


 

GENTEM STICK 2017-18 New Modelの1stオーダー締切が迫ってきています!!

17-18ポスターカタログ表(4)

3月20日(春分の日)までのオーダー提出となります。

今年(来季)12月までに欲しい方は、この日までにお願いいたします。

翌月の4月20日セカンドオーダーもございますが、年内希望は出来なくなり、状況によっては年明け2月頃に納品とズレ込む恐れがありますので注意してください。

オーダーの際は、デポジットとして3万円をお支払いいただき、オーダー完了となりますので、ご了承ください。

17-18ポスターカタログ(1)

 

 

先日、妙高杉の原・白馬 / HappoBanks 試乗会に行ってまいりました!!

妙高レポート

気になるモデルは⬇︎

IMG_0295

THE CHASER HIGH PERFORMANCE

モデル説明通り、一発目から乗って何の違和感もなくカービングターン・テールの踏み込み易さと、全てに於いて楽しく乗れた印象でした。(個人的に欲しくなりました!!)

スクリーンショット 2017-03-13 20.53.11

 

アレックスヨーダープロモデル XY⬇︎

IMG_0322

常に貸し出されている状態で引っぱりだこの一番人気のモデル。

スクリーンショット 2017-03-13 20.52.59

 

BABY MANTARAY HARDFLEX

IMG_0293

GENTEMライダー・鈴村アラタ氏に勧められ最後に乗りましたが、コントロール自在に操られ乗り易く、これまた欲しくなる程でした!!

スクリーンショット 2017-03-13 20.53.06

IMG_0314

 

八方バンクスレポート

パーフェクトに整備されたHAPPO BANKS

IMG_0290

ヒデさん、夜な夜なの整備ご苦労様です!!

 

オレンジのMountain Surf ウェアーを着た方は、茨城・大洗でウェッジサーフショップを経営されているDOVEライダー元プロサーファー、私の大先輩の小野瀬氏。

こう言ったら失礼かもしれませんが、チーム員を引き連れて体育会系並みのずっと滑りっぱなしの氏に脱帽。その体力はどこから来るのか不思議なくらい・・・な方です。

IMG_0292

 

この日は、幸運にもなんとニセコから玉井太朗氏&(息子)天満君・パウダーカンパニー主賓の高久智基氏・オームこと岡田修氏が来場し、お会いする事が出来ました。

 

IMG_0308REN&TENMA

茅ヶ崎から連れてきた松島蓮くんも昨年のニセコセッション以来の再会で大ハシャギ!!

二人して休む間も無くバンクス以外に何処かへ滑りに行っていました。

 

蓮くんが試乗したモデルは⬇︎

IMG_0320

SNOWRIPPER 146

昨年まではJALKA 125を乗っていましたが、身長も大きくなり、このボードを試乗。

彼曰くスゲェー楽しいと連呼していました!!

IMG_0315

 

秋田RAGE&DOVEディラーのATOMOONオーナー工藤君が10人近くのチーム員を引き連れ来場。

IMG_0297

一発目にゲレンデセッションしましたが、深いターンで半端なく上手く、カッコイイ滑りをしていました。流石です!!

 

私はその他、DRIFTERを試乗⬇︎

IMG_0051

TT MODELと同様、フラットキャンバーのこのモデル。

TTファンにはたまらない乗り心地で、柔らかくてコントロールし易く楽しいかったです!!

 

そして最後に TT 160

写真を撮り忘れたので、GENTEM HPより流用

DSC00882

158 / 165 CLASSICを持っているので、来季はこれに決定!!

過去に試乗して、自分自身足が小さいのでチョット難しさを感じていましたが、今回乗ってみて凄く調子良かったので決定です!!

 

女性にオススメのTomomi “SHEESA”Kawamura Model

TRINITY SOFT FLEX⬇︎

DSC00795

スクリーンショット 2017-03-13 21.49.29

IMG_0311

 

その他どれも試乗会中ほとんどが貸し出し中になっていました。

IMG_0313

 

サーファーにはたまらないアウトラインの ALTERNATIVE SERIES

IMG_0312

もっと乗りたいモデルも沢山ありましたが、短い時間での試乗だったので次回のタイミングに持ち越し・・・

 

GENTEM Familyの皆さん快く対応してくださり、ありがとうございました。

お世話になりました

 


Hiroyuki Matsuo

Hiroyuki Matsuo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です